2010年10月20日

孤独の選択

仕事がなくて寒い寒いと言ってたって仕方ないたらーっ(汗)
ホントに寒くなってきましたよ
温もる方法を考えましょうか。

世の中にはいろんな人がいます。
自分のことばっか言う人
こだわりのきつい人
しきり屋さん
ペースをこわすほどのフシギちゃん
KYな人も言われましたけど、
私はKYな人、案外OK、自分もまあそんなとこあるし。
そんな人がいないとなんでもまとまりすぎて、
おもしろくないことありますから。


ステキな友達に出会う
でも、なんだか厄介な思いもでてきます。
これは人間の永遠のテーマじゃないかと思います。
人間として卑しいと言われる
妬み(ねたみ)。
これを封印するのがなかなかむずかしい。
下敷きになりかけるとしんどいです。
だから、グループになれば、
自分のポジションが決まるように自分をアピールして、
早くポジションを決めて、それがめぐってくるかぎり
居場所がある。存在がある。自信も持っていられる
居心地よく毎日が早く過ぎて行く、とっかかりみたいなもんです。
だから、最初は慎重に、ていねいに、でも、自分らしくが肝心ですよ。

それでも自分にないものを持ってる友達に対して、ふと沸き上がる嫉妬心
男たちは美人が好きやし
スタイルいい子のうわさも好きやし
女の子に華美秀麗なんてつけて楽しんでる。
若さが人を傷つけることをよしとするワケではないのだけれど
若いということはいちいち気にしていたら楽しくなくて
時間がモッタイナイ。

最近ようモッタイナイ・・・使いますワパンチ

生きていくとは好きなことを求めて進んでいくのがまず1つ。
好きなことに突き進むにはちょっと無神経な時もある
若い時は輝いている
輝いていたい
輝いていていいの
輝いてネ!!

特徴なくなんでもふつうの私
私のポジションって何?
私ってどんな人?
いい人? わるい人? いやな奴? ただヘンな人? 何ができる人?
いつも自分を客観的に見ている。
自分ばかり見ていると言えば、
自己中みたいに聞こえますか?
でも、まわりの人を気遣って、まわりの人のことを考えて、
まわりの人のために・・・
なんだか言われすぎてるような気がする。
それがない社会は滅茶苦茶になるという人もいます。
でも、他人のためになんかをしてあげるって
考え方によってはしてあげて自分が心を光らせる
そうしてる自分を自分で肯定したいから
そんなところ、ありませんか?
してあげることもいきすぎればおせっかい
だから、自分の行動を自分で顧みる。
自分って?
今、何してる? 何をするべきなの? 自分ってどんな人?
まずは自分に目を向けて生きてるべきやと思うのですよ。
まわりはそれから。


普通というバランスがあること
それは案外ステキなこと ぴかぴか(新しい)
それに気がつくのはけっこうトシを感じてからでした。
若い時は他人より飛び抜けたポジションを目指して
嫉妬やジレンマを抱え込む。
自分にはなにかができると夢を見る。

私はたった一人でこのまちに住むことを決めました。
21歳。若かった。
天涯孤独
わぁ、そんなだったんですねぇ
若かったから、できた・・・んじゃないかな。
もし今、そうなったら生きていくのはしんどいだけです・・・ふぅ。。。


こっちにも載せようっと
101017_0707~01am.jpg
ねぇ、男性はどんな感じの人が好きなん?
posted by U-sap at 20:40| Comment(0) | 心のうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。