2011年05月20日

一人っ子を育てていると

一人っ子を育てながら、いろんなことを考えます。

私は二人姉妹で育ちましたから、当時4人家族は平均的な日本家族
そんな感じがしてまして、一人っ子家庭を想像したことがありませんでした。
それよりもその時の私は、どうしてうちのような貧乏だ貧乏だという家庭に
二人の子ども、一人でよかったんじゃないの?
そんな思いしかありません。
それで浮かぶ言葉は、貧乏人の子だくさん
貧乏でも楽しくワイワイ
わが家もある時代はそんな感じだったんじゃないかと。

戦後の日本、産めや増やせやは団塊の世代
スギやサクラと同じことになったのはやっぱり戦争のせい、でしょうね、、、
そうして日本はみるみる発展して豊かになった
団塊の世代はがんばった パンチ


そして今、ある意味では昔の日本と似ていると言われることもある中国
中国は一人っ子政策
もうかなりたちますね。人口はどのように変化しているのでしょうか?
昨年、ある人から聞いた話が思い出されます。
中国は10億人
10億のうち1億人が億万長者
日本の総人口が1億人
日本の総人口と同じだけの富裕層がいるんだぞ! っと。
市場は中国にある!! みたいなことなのかな。
言ったのは大企業にお勤めのすご〜い〜人なのよ!
京都観光の高級旅館のお客様には中国人がたしかに多いと聞く
とカメラマン。原発ややこしくなる前ですよ!

そこで、私が一番不思議に感じることは
自分が産む子どもの数を国が制限する
制限されてそれに従うしかない国
罰則があるんだから自由な選択の余地がないということ
その1億人対9億人の
貧富の差ってどんなもんなの?
感じるしかないことですけど、感じません?
拉致とか強制労働させられていて見つかったとか
誘拐してきた子どもをいいように使うとか
ネットにあるようなことはホントなの〜?
子だくさん、人口の多さは日本の産めや増やせやとは
もとがちがうのですよね!
でもでも、ちょっと調べれてみれば、
罰金払えば2人OK〜もあるのだとか・・・それもホント〜??

人口多すぎてどないもこないもしようがない!?
(今の日本なら、うらやましい?)
だから、人口数調整というのはわからないでもないけど・・・
でもさぁ、
一人っ子というのはやっぱり心が育ちにくいところがあると、
私は日々自分の子どもで思う。
小さい時は親が遊んでやれても
ちょっと大きくなってどうする?
自分で友達つくって、じっとしてるわけないよ〜親から離れるでしょ
昔は友達とも話したけど、それがなかなかだよね。
「家族の絆を大切に」なんて言う人もいるけど、
ホントのところ大部分は家族で結束してるしかないようになってません?
今みたいに社会がいろいろになってくるうち、
今、子育て中の家庭って、自分とこの垣根をきれいにきれいに
整えて行くばかりに見えますよ。
親は仕事が忙しい
だから、子どもは勉強もしくはスポーツ
塾やクラブ行ってくれて、学校で何かどこかで目立ってくれる時があったら、
まあ穏やかでその時はGoodに時間は流れる
気がつけば一人っ子は親子で人間関係築いてる
人間関係というよりは親が喜ぶことに従順に生きる子
みたいに。
で、ある程度大きくなってからは大人になるのは早くて
ふと気がついたら、
心が育つのが遅いといってもまあまあ一人でなんでもやる年になってる
でもでも、なんか独立していく人とちょっと思えない。
将来を自分で切り開けないような子どもに育ってない?
同じ年頃の子が比べ合いながら、ある意味鏡になりながら成長するような
兄弟姉妹でワイワイの環境とはあきらかにちがう中にいたんだものね。
でも、中国は今はほとんどがそのような環境なんですよね。
一人にかける親の熱
お金持ちになるためには学力!と必死になるでしょうね。


とにかくとにかく自立してくれる子どもを育てよう
思うのであります。
親という感覚を捨て、もう一回青春してみるか〜〜
どう思います? (ムリか、、、)


このあいだ来た人に聞かれたの。
赤ちゃん、いらっしゃるんですか?



ええ、まあ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・!? ←またかよってどんっ(衝撃)

HI3H1307-1ss.jpg
これね、娘が履いたファーストシューズ
思い出にとっておいたら、あるとき娘が出して並べてた
それからもう3年くらいになるのかな
「妹が欲しい」
だってさ

ざーんねんあせあせ(飛び散る汗) あーあ
posted by U-sap at 11:59| つぶやき的、私日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。