2011年11月08日

NHK『カーネーション』

おもしろかったら見る、なんて書いて
さっそく見ています。おもしろいですね、『カーネーション』
糸子さん、カワイイ人です。
あのお父さん もぉ どんっ(衝撃)ですが、とってもおもしろいところもある。
お父さんコワい?
親なんてあんなもんだ ダッシュ(走り出すさま)
わが家のお姫様にも見せたいもの
娘ももちろんお気に入りですよ!

まず、お人形とミシンのだんじり
タイトルがいい
人形の動きがおもしろくて、椎名林檎さんのタイトル曲と絶妙です。
昨日も自転車こぎながら、あの歌、口ずさんでた
ああいうのを作り出す人って・・・・・
やっぱり才能ですね。
アニメやCGじゃなく実写が動くのがいい
しんせーん
あったかい感じ
CGって気持ち悪いの、、、わたし


あの頃のミシン
私の母も洋裁をしていて、あのタイプのミシンを知ってますよ。
ベルトでつながっていて、よこのレバーを回すと同時に
前後に足を踏んで動かす
しまう時はミシンを逆さまにするように中に入れて、
横の台をふたをするように戻すと机のように平らになるんですよ。

電気で足のローラーを踏めば動くミシンになるのは
昭和50年前くらいでしょうか。
外側の材質もプラスチックになりました。
比べてみると昔の鉄の感じ、黒にオシャレな金文字
アメリカって感じで雰囲気があってよかったですよネ
重いんですけど、その重さがなんか手にしっくりくる
そういう道具って、カメラとか扇風機とかいろいろありましたね。
まあ今でもいいミシンは重いですが

今日はこのあいだ買った最新のミシンをUPしてみます

HI3H0690-1am.jpg

値段は定価で22万円ほどですが、前のミシンを高く下取りしてくれて
15万円で買えました。
前のミシンはジャノメの「メモリア」
あの頃も20万円くらいだったと思います。
たしか、コンピューターで動く最初に近いものだったような
充分に役目を果たしてくれました。
もしかして、メモリアをさがしてる人がいる?
なんてネットで調べましたが、そーゆーことでもなさそうで
下取りが高いって中に何か使えるものが使われていたのかな?
ただ新しいミシン売りたかっただけ?
あの時は3000円を長いこと積み立てて、最後に少し足して買いました。
でも、修理という修理もせず30年
なかなか優秀なモノでした。

下取りで車に積まれてから、
カメラマンに写真撮った? って聞かれて
ああ・・・・・思い出の記念写真〜〜
よくよく働いてくれた
私の手アカがいっぱいついた
・・・・・・・
ああ・・・愛着のたらーっ(汗)
そーゆーものやね。トホホ

まっ、いいや
いいの!!

ミシンは私の神器

必需品です〜〜
また、いっぱい使お〜っと(^_^)

posted by U-sap at 17:20| つぶやき的、私日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。