2013年02月28日

14歳の誕生日・・・なんとなく特別な日

娘のさよならおっぱいの七五三から6年と3ヵ月
ここで『さよならおっぱい七五三』を書いてから
もう3年以上がたちます
気がつくと、今日は私的には記念というか区切りになるような
特別な日に思えます
何という特別でもないのですが、娘の変化が大きく思えるのと
私も久々にほっこりしてる

8つ9つ10さい・・・・・・(つがつくうちは子どもと言った人もいた!)
と、この時期はいつもお雛様を飾り
忙しい確定申告入力途中に迎えてきた娘の誕生日

今年は暖かい、超寒いを繰り返す冬でした
今日は春のような陽気になりました
娘の誕生日は本当に冬と春の境目のような日だなぁと
朝から思ってました
朝は娘に命名した漢字の意味を説明したりしてました

でも・・・
なんか心が光らないの
・・・・・・
ん?
疲れすぎかなぁ

先週はもう無理という忙しさの上に娘がインフルエンザになり
急な1週間のお休み
二人がべったり家にいた
私はひとりでバタバタとヘルパーへ出かけ、家のことをこなしていた
思春期っていうのか反抗期っていうのか
手ばっかりかかるくせに、わがまま放題
えんらっそうに人を振り回すことばかり言う人になって
困ってますのたらーっ(汗)
熱の奇行? 別人のようになるのもまたあった
インフルエンザってなんなの?
なんかいろんなストレスにとにかくとにかく
弱い人なことはわかる


あの後、

私は長い休息にはいった・・・・・

でも、今となっては長いはちょっとちがうかな
ちがうことはネット上にあるU-sapでわかる
とても元気そうに好きなことしてそうなU-sapですもの

今もあの頃の気持ちをはっきりと覚えている
あるできごとがあった後に
仕事を持ってることがいいなぁと心から思った
だから、子育てに距離をおいて、自分をとりもどすために
夢中でさがした仕事
のめりこむ仕事にめぐりあった
写真素材フォトライブラリー、ブログ、ホームヘルパー
奇跡のようにめぐりあえた
それはよかったハートたち(複数ハート)

でも、それが今
結果としてまた耐えられないほどの忙しさを生み出すことになっている
それが家庭と仕事の両立なんですね
女にとってはなにをどうしても変えられない状況があるんです
仕事を理由に逃げるなんてできない
家事は少々の後回しもOK
でも、子育ては後回しにはできない
手をぬけばそれなりのことがかえってくる
今、体験中
でも、子育ては一度きりだから、もしこうしていたらは比較のしようがない
もし、こうしていたとしてもやっぱりこうなったでしょう
人間の成長に正解の筋書きなんてないですよね!
今はあれがきっかけで、親子離れできてよかったなぁと思ってます
3つ4つ5つの感じで今も同じだったとしたら、
その方が不思議すぎるのかもしれない
つらくても変わっていかなくちゃいけないこと いけない時があるもの
それが突然一気にやってきた
私はボロボロだったけど、それはそれでよかった
あの時のことがあって今がある

あれ以来、私自身はなにをしても心が光らない状態にすぐに陥ります
あの時のことを忘れることはありませんから
一度心が光らなくなったものは昔に戻ることはできません
気づいてないから幸せだけを手にとることができる
ただそれだけのことです
でも、気づいてしまったのだからしょうがない

生きていく なんて
苦痛なく生きていたらそれでいい
それだけのことですから苦痛は取り除くように生きていく
日々精いっぱいやれることをやる!
その繰り返ししかないと思ってます


子ども7歳から14歳
体は大きくなってもまだ14歳なんだなぁ
まだ4、5年
時間はあるなぁ がんばろう黒ハート
と、決意する日の投稿としましょうパンチ

では、明るい春をお迎えくださいませ

HI3H06590001-1ss.jpg
はじめてショートケーキで誕生日ハート


posted by U-sap at 15:51| エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。