2011年10月04日

NHK『おひさま』感想

『おひさま』終わりましたね。

高視聴率だったようですね。
私もめずらしく見てました。まあ後半ですけど。

春に父のお葬式で会館にお泊まりした朝、
親戚一同でテレビを囲んでいたのを私は後ろで見てました。
おじちゃんも若いお父さん世代も。
ほとんどみーんなですよ。フシギな気がした。
そんなにおもしろいんや・・・

あれは最初は大津波を知らずに撮影されてたんですものね。
戦争後の家族の絆を上手に描いていたと思います。

ただ、最終回を見て、けっこうネット上の感想にも書かれていますが、
脚本があまい、みたいなこと。
でも、全体とてもよかったからいいです、みたいな。

私はけっこう最後の方、ブーイングです。
そんなんあるか どんっ(衝撃)
大きなハプニングを期待していた

たとえば、お父さんが友人が病気と出かける多治見
あの送り出しのたいそうなナレーション
ああ、ダンナ様、事故かなんかで帰らぬ人となるんや・・・
期待しました

ひなこちゃん、ええーっやけど exclamation&question
・・・次回までお待ちください・・・・・
で、あんなたいそうにお湯を頭からかぶったように見せておいて
腕のちょっとのやけどかい

そーゆーの見ると、視聴者シラケる
それならふつうに見せてくれたらいいし

結局、白紙同盟? だったか
みんなトシとっても全員元気に長生き
家族もみんなふつーうに順風満帆な人生生きていきましたとさ ハートたち(複数ハート)

長男さんだけは戦死されましたけど

生きて行く人のつまずきが、みんな小さすぎたかな
それが一番の私の感想です。


リアルな人生ってそんなにうまくいかない
お金の苦労だって、家族一丸となったってうまくいかないときはいかない
ゼロからの出発なんて、うまくいったとしてもも元に戻るだけでも何十年
家族の長引くような病気やケガもある
友達だって、仲良くたって会えなくなる事情を抱える場合もある
トシとってくれば自分自身の葛藤だってある

そんなのがほとんど描かれていないと思いました。


所詮つくりものですね〜
なーんて言われないものを見せてくださいネ!!

俳優さんはよかったですね
黒柳徹子さんはピッタリ、イメージ通りでした。


終わって、さみしいなぁ・・・
はあまりなくて、自由になった気分です。
決まった時間にテレビを必ずつけなくてはというのは
今の私にはちょっと苦痛です。

次は『カーネーション』
はじまってますが、まだ見てません

おもしろいと話題になれば、また見せていただきますね!

今のテレビって、わが家ではそんな見方です。

忙しいんやね〜〜あせあせ(飛び散る汗) でも、
寝るの早いの。それが真実ダッシュ(走り出すさま) ですあせあせ(飛び散る汗)
夜のテレビをやめると、夜のお母さんお仕事は
超はかどりますぅ
やめられないパンチ


HI3H0521-1am.jpg
なんでしょう?

HI3H1323-1am.jpg
秋までそのままにしておきました
自然風花壇で、けっこう発見がありますよ

急に冷えましたから、風邪には気をつけましょうね(^_^)
posted by U-sap at 10:32| エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。